こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 免許資格課程センターホーム
  2.  > 課程案内
  3.  > 教職課程に関する情報公開
  4.  > 各研究科・専攻の教員養成目標(経済学研究科)

教員養成目標(経済学研究科)

経済学研究科理論経済学専攻

中専免(社会)

経済学研究科理論経済学専攻では、本学教育の理念である「良心教育」を基礎として、理論的論理体系に基づく学術的探求を通して、新しいビジネスモデル、新しい社会システム、新しい政策プログラムを提案・構築する能力を持つ人材の育成を目指している。その理念のもと、「経済史」、「開発経済」、「地域経済」、「日本経済」、「資源環境経済学」といった、社会科が対象とする領域を扱う専門科目を多数配置し、授業の多くを演習形式で行っている。そうした授業を通じて、中学校の社会科教員として求められる必要かつ十分な社会科学系の知識と、それを運用する能力を兼ね備え、複雑化、多様化し、グローバル化する教育現場に、迅速で適切な対応ができる教員を養成する。

高専免(地理歴史)

経済学研究科理論経済学専攻では、本学教育の理念である「良心教育」を基礎として、理論的論理体系に基づく学術的探求を通して、新しいビジネスモデル、新しい社会システム、新しい政策プログラムを提案・構築する能力を持つ人材の育成を目指している。その理念のもと、「経済史」、「経済思想史」、「開発経済」、「地域経済」、「創造都市論」といった、地理歴史科が対象とする領域を扱う専門科目を多数配置し、授業の多くを演習形式で行っている。そうした授業を通じて、高等学校の地理歴史科教員として求められる必要かつ十分な社会科学系の知識と、それを運用する能力を兼ね備え、複雑化、多様化し、グローバル化する教育現場に、迅速で適切な対応ができる教員を養成する。

高専免(公民)

経済学研究科理論経済学専攻では、本学教育の理念である「良心教育」を基礎として、理論的論理体系に基づく学術的探求を通して、新しいビジネスモデル、新しい社会システム、新しい政策プログラムを提案・構築する能力を持つ人材の育成を目指している。その理念のもと、「国際貿易論」、「日本経済」、「社会保障論」、「政治経済学」、「企業経済」といった、公民科が対象とする領域を扱う専門科目を多数配置し、授業の多くを演習形式で行っている。そうした授業を通じて、高等学校の公民科教員として求められる必要かつ十分な社会科学系の知識と、それを運用する能力を兼ね備え、複雑化、多様化し、グローバル化する教育現場に、迅速で適切な対応ができる教員を養成する。

経済学研究科応用経済学専攻

中専免(社会)

経済学研究科応用経済学専攻では、本学教育の理念である「良心教育」を基礎として、応用的領域における学術的探求を通して、新しいビジネスモデル、新しい社会システム、新しい政策プログラムを提案・構築する能力を持つ人材の育成を目指している。その理念のもと、「経済政策」、「産業経済」、「公共経済学」、「金融」、「労働経済」といった、社会科が対象とする領域を扱う専門科目を多数配置し、授業の多くを演習形式で行っている。そうした授業を通じて、中学校の社会科教員として求められる必要かつ十分な社会科学系の知識と、それを運用する能力を兼ね備え、複雑化、多様化し、グローバル化する教育現場に、迅速で適切な対応ができる教員を養成する。

高専免(公民)

経済学研究科応用経済学専攻では、本学教育の理念である「良心教育」を基礎として、応用的領域における学術的探求を通して、新しいビジネスモデル、新しい社会システム、新しい政策プログラムを提案・構築する能力を持つ人材の育成を目指している。その理念のもと、「経済政策」、「産業経済」、「公共経済学」、「金融」、「労働経済」といった、公民科が対象とする領域を扱う専門科目を多数配置し、授業の多くを演習形式で行っている。そうした授業を通じて、高等学校の公民科教員として求められる必要かつ十分な社会科学系の知識と、それを運用する能力を兼ね備え、複雑化、多様化し、グローバル化する教育現場に、迅速で適切な対応ができる教員を養成する。