こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 免許資格課程センターホーム
  2.  > 課程案内
  3.  > 教職課程に関する情報公開
  4.  > 各研究科・専攻の教員養成目標(法学研究科)

教員養成目標(法学研究科)

法学研究科政治学専攻

中専免(社会)

 法学研究科政治学専攻では、「政治学に関する高度な専門的知識」とともに、「複雑かつ多様な社会現象の中で自ら問題を発見し、的確に分析して解決へと導く応用力」を備えた人材の養成を目的としている。そのため、カリキュラムでは、現代政治、政治史・政治思想、国際関係に関するハイレベルの専門科目に加え、私法学関連科目および公法学関連科目を履修可能とする一方、それらすべての科目を少人数による演習形式で行い、履修者が課題に能動的に取り組む機会を提供している。こうしたカリキュラムを通し、社会科教育に必要な高度の専門的知見のほか、過去および現代社会に生起する事象に対する多角的かつ精緻な分析力を身につけた教員を養成する。

高専免(地理歴史)

 法学研究科政治学専攻では、「政治学に関する高度な専門的知識」とともに、「複雑かつ多様な社会現象の中で自ら問題を発見し、的確に分析して解決へと導く応用力」を備えた人材の養成を目的としている。そのため、カリキュラムでは、現代政治、政治史・政治思想、国際関係に関するハイレベルの専門科目に加え、私法学関連科目および公法学関連科目を履修可能とする一方、それらすべての科目を少人数による演習形式で行い、履修者が課題に能動的に取り組む機会を提供している。こうしたカリキュラムを通し、地理歴史科教育に必要な高度の専門的知見のほか、歴史や地域の事象を理解するうえで必要とされる多角的かつ精緻な分析力を身に付けた教員を養成する。

高専免(公民)

 法学研究科政治学専攻では、「政治学に関する高度な専門的知識」とともに、「複雑かつ多様な社会現象の中で自ら問題を発見し、的確に分析して解決へと導く応用力」を備えた人材の養成を目的としている。そのため、カリキュラムでは、現代政治、政治史・政治思想、国際関係に関するハイレベルの専門科目に加え、私法学関連科目および公法学関連科目を履修可能とする一方、それらすべての科目を少人数による演習形式で行い、履修者が課題に能動的に取り組む機会を提供している。こうしたカリキュラムを通し、公民科教育に必要な高度の専門的知見のほか、国際化や複雑化の進む現代社会を理解するうえで必要とされる問題意識、多角的かつ精緻な分析力を身に付けた教員を養成する。

法学研究科私法学専攻

中専免(社会)

 法学研究科私法学専攻では、「私法学に関する高度な専門的知識」とともに、「複雑かつ多様な社会現象の中で自ら問題を発見し、的確に分析して解決へと導く応用力」を備えた人材の養成を目的としている。そのため、カリキュラムでは、民法・商法・民事訴訟法・知的財産法・労働法などに関するハイレベルの専門科目に加え、政治学関連科目および公法学関連科目を履修可能とする一方、それらすべての科目を少人数による演習形式で行い、履修者が課題に能動的に取り組む機会を提供している。こうしたカリキュラムを通し、社会科教育に必要な高度の専門的知見のほか、過去および現代社会に生起する事象に対する多角的かつ精緻な分析力を身につけた教員を養成する。

高専免(公民)

 法学研究科私法学専攻では、「私法学に関する高度な専門的知識」とともに、「複雑かつ多様な社会現象の中で自ら問題を発見し、的確に分析して解決へと導く応用力」を備えた人材の養成を目的としている。そのため、カリキュラムでは、民法・商法・民事訴訟法・知的財産法・労働法などに関するハイレベルの専門科目に加え、政治学関連科目および公法学関連科目を履修可能とする一方、それらすべての科目を少人数による演習形式で行い、履修者が課題に能動的に取り組む機会を提供している。こうしたカリキュラムを通し、公民科教育に必要な高度の専門的知見のほか、国際化や複雑化の進む現代社会を理解するうえで必要とされる問題意識、多角的かつ精緻な分析力を身に付けた教員を養成する。

法学研究科公法学専攻

中専免(社会)

 法学研究科公法学専攻では、「公法学に関する高度な専門的知識」とともに、「複雑かつ多様な社会現象の中で自ら問題を発見し、的確に分析して解決へと導く応用力」を備えた人材の養成を目的としている。そのため、カリキュラムでは、憲法、行政法、刑法、国際法、法哲学などに関するハイレベルの専門科目に加え、政治学関連科目および私法学関連科目を履修可能とする一方、それらすべての科目を少人数による演習形式で行い、履修者が課題に能動的に取り組む機会を提供している。こうしたカリキュラムを通し、社会科教育に必要な高度の専門的知見のほか、過去および現代社会に生起する事象に対する多角的かつ精緻な分析力を身につけた教員を養成する。

高専免(公民)

 法学研究科公法学専攻では、「公法学に関する高度な専門的知識」とともに、「複雑かつ多様な社会現象の中で自ら問題を発見し、的確に分析して解決へと導く応用力」を備えた人材の養成を目的としている。そのため、カリキュラムでは、憲法、行政法、刑法、国際法、法哲学などに関するハイレベルの専門科目に加え、政治学関連科目および私法学関連科目を履修可能とする一方、それらすべての科目を少人数による演習形式で行い、履修者が課題に能動的に取り組む機会を提供している。こうしたカリキュラムを通し、公民科教育に必要な高度の専門的知見のほか、国際化や複雑化の進む現代社会を理解するうえで必要とされる問題意識、多角的かつ精緻な分析力を身に付けた教員を養成する。