こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 免許資格課程センターホーム
  2.  > 課程案内
  3.  > 教職課程に関する情報公開
  4.  > 各学部・学科の教員養成目標(生命医科学部)

教員養成目標(生命医科学部)

生命医科学部医工学科

中一種免(数学)・高一種免(数学)

 生命医科学部医工学科では、高度医療関連機器やロボットなどの研究や設計において、生体システムとしてヒトを捉え、これを生体材料ならびに生体運動機能などの要素に分解して工学的視点からヒトを理解し、その成果を高度マンマシンインターフェイス技術へと展開する。この過程において、数学は非常に主要な要素の一つであり、学生は、ヒト機能の理解と関係して、数学の応用面において深い知識を習得できる。
 医工学科では、単に、数式を扱うだけでなく、工学的視点を含め多角的にヒトを理解する能力を有し、指導できる数学教員を養成する。

中一種免(理科)・高一種免(理科)

 生命医科学部医工学科では、高度医療関連機器やロボットなどの研究や設計において、生体システムとしてヒトを捉え、これを生体材料ならびに生体運動機能などの要素に分解して工学的視点からヒトを理解し、その成果を高度マンマシンインターフェイス技術へと展開する。この過程を通して、学生は、ヒト機能の理解と関係して物理・化学・生物の深い知識、および実験手法を習得できる。
 医工学科では、単に、これまでの理科教科の知識だけでなく、工学的視点を含め多角的にヒトを理解する能力を有し、指導できる理科教員を養成する。

生命医科学部医情報学科

中一種免(数学)・高一種免(数学)

 生命医科学部医情報学科では、生体システムであるヒトの持つ生体情報や脳・神経の情報伝達機能をエレクトロニクス及び情報処理技術の工学的視点からより深く理解し、生体情報処理機構を次世代の高度情報システムを支える基盤技術として展開する。この過程において、数学は非常に主要な要素の一つであり、学生は、ヒトの情報処理機構の理解と関係して、数学の応用面において深い知識を習得できる。
 医情報学科では、単に、数式を扱うだけでなく、工学的視点を含め多角的にヒトを理解する能力を有し、指導できる数学教員を養成する。

中一種免(理科)・高一種免(理科)

 生命医科学部医情報学科では、生体システムであるヒトの持つ生体情報や脳・神経の情報伝達機能をエレクトロニクス及び情報処理技術の工学的視点からより深く理解し、生体情報処理機構を次世代の高度情報システムを支える基盤技術として展開する。この過程を通して、学生は、ヒトの情報処理機構の理解と関係して物理・化学・生物の深い知識、および実験手法を習得できる。
 医情報学科では、単に、これまでの理科教科の知識だけでなく、工学的視点を含め多角的にヒトを理解する能力を有し、指導できる理科教員を養成する。

生命医科学部医生命システム学科

中一種免(理科)・高一種免(理科)

 生命医科学部医生命システム学科では、生体システムとしてのヒトをさらに一歩進めてひとつの生命システムとして捉え、ヒトの有する生命機能維持機構を生命科学の視点からより多角的に理解し、これをもとに、適応の障害もしくは逸脱から生じるヒトの病気の発症メカニズムを解明し、本来ヒトがもつ防御機能や適応機能を最大限に引き出す方法や、それを支援する技術を学ぶ。この過程を通して、学生は、ヒトの有する生命機能維持機構の理解と関係して物理・化学・生物の深い知識、および実験手法を習得できる。
 医生命システム学科では、単に、これまでの理科教科の知識だけでなく、多角的にヒトを理解する能力を有し、指導できる理科教員を養成する。