こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 免許資格課程センターホーム
  2.  > 免許状更新講習
  3.  > 教員免許状更新講習

教員免許状更新講習

講習に関して

同志社大学 2018年度教員免許状更新講習開設のご案内

■■2018年度の教員免許状更新講習の募集は終了いたしました。■■




応募資格

応募資格は、免許状更新講習の受講対象者で、以下のいずれかに該当する方に限ります。

A:旧免許状所持者で2019(平成31)年3月31日または2020(平成32)年3月31日に修了確認期限を迎えられる方。
※修了確認期限については、文部科学省ホームページの下記URLを利用してください。

B:新免許状所持者で、所持する免許状の最も遅い有効期間の満了の日が2019(平成31)年3月31日または2020(平成32年)3月31日である方。


ご不明な場合は、文部科学省HPまたは免許管理者(都道府県教育委員会)でご確認ください。

なお、昨年度以前に本学において同一名称の講習を受講された方は、当該講習を再度受講することはできません。
また、名称は異なりますが講習内容が一部同一のため、一昨年度以前に「数学嫌いを減らす教員になる方法」を受講された方または昨年度に「新しい数学教育の流れと対話的および探究的授業の例」を受講された方は「新しい数学の流れと対話的および探究的授業とその例」を、一昨年度以前に「“物理”の視点で捉える“生命・化学・地球・宇宙”-受講者と共に考える、これからの“理科”-」を受講された方は「“物理”の視点で捉える“生命・化学・地球”-受講者と共に考える、これからの“理科”-」を、昨年度に「公民科のホットトピックス」を受講された方は「公民科のホットイシュー」を受講することはできません。

同志社大学 2018年度免許状更新講習一覧

  • 本学の講習は、教員免許更新制度の導入に伴い、文部科学省の認可を受けて開設するものです。
  • 講習は、同志社大学今出川校地(建物と教室は未定)および京田辺校地(建物と教室は未定)で行います。
  • 一日のスケジュールは、各講習とも、概ね9時15分頃からオリエンテーションを開始し、講習後の試験及び受講者評価書記入終了は18時頃の予定です。
  • テキストあるいは参考文献の指定がある場合、必要に応じてご自身で準備いただくことになります。

領域講習コード・講習の名称主な対象者受講
人数
講習
時間
校地講習期間
必修【A01】
【必修】教育の最新事情
全教員100名6時間今出川8月8日(水)
選択必修【C01】
【選択必修】国際交流と子どもの発達
<学校種>幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校
<免許職種、教科等>特定しない
<職務経験等>
特定しない
60名6時間今出川8月9日(木)
【C02】
【選択必修】学校における様々な問題行動と課題への対応
<学校種>小学校、中学校、高等学校、特別支援学校
<免許職種、教科等>教諭・養護教諭
<職務経験等>初級~中堅教諭
60名6時間今出川8月9日(木)
選択【B01】
【選択】キリスト教史の課題
中学校・高等学校
宗教科教諭および宗教の授業を担当している小学校教諭向け
30名6時間今出川7月29日(日)
【B21】
【選択】解析学の基礎から応用まで
中学校・高等学校
数学科教諭向け
50名6時間今出川8月6日(月)
【B22】
【選択】新しい数学の流れと対話的および探究的授業とその例
高等学校数学科教諭向け(中学校数学科教諭も可)50名6時間今出川8月7日(火)
【B23】
【選択】あっ,こんなところに数学が
中学校・高等学校
数学科教諭向け
50名6時間今出川8月10日(金)
【B31】
【選択】“物理”の視点で捉える“生命・化学・地球”-受講者と共に考える、これからの“理科”-
中学校・高等学校
理科・数学科教諭向け
30名6時間今出川7月28日(土)
【B32】
【選択】生命医科学
中学校・高等学校
理科教諭向け
20名6時間今出川8月6日(月)
【B33】
【選択】化学実験体験
中学校・高等学校
理科教諭向け
16名6時間京田辺8月7日(火)
【B34】
【選択】大学の有機化学 理論と最先端:化学の理解を深めるために
高等学校理科教諭向け(中学校理科教諭も可)50名6時間今出川8月10日(金)
【B41】
【選択】公民科のホットイシュー
中学校社会科・高等学校公民科教諭向け(小学校教諭も可)30名6時間今出川7月28日(土)
【B42】
【選択】「公共」新設に向けたシチズンシップ教育実践の試み
中学校社会科・高等学校公民科教諭向け(小学校教諭も可)30名6時間今出川8月4日(土)
【B43】
【選択】社会科・地歴科教材発掘と授業
小学校・中学校・高等学校教諭で社会科・地理歴史科の教材開発に関心のある方20名6時間今出川8月7日(火)
【B51】
【選択】情報社会の光と影
高等学校教諭で,最新の情報環境に興味のある方30名6時間今出川7月29日(日)
【B61】
【選択】障がい理解授業のアイデアを体験する・考える
小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の教諭20名6時間今出川8月7日(火)



申込受付期間

2018年度の教員免許状更新講習の募集は終了いたしました。
受付期間:5月16日(水)~5月24日(木)
※受付期間以前に到着したものは受理できませんので、ご注意ください。

受講希望申込から受講決定までの流れ(応募方法等)

1.受講希望申込

  • 受付期間:2018(平成30)年5月16日(水)~5月24日(木)
  • 申込方法:本学所定の「受講(希望)申込書」(Wordファイル)をダウンロードし、必要事項記入の上、メール添付、または郵送により、下記の宛先にご提出ください。なお、メール添付の場合は、ファイル名を「moshikomi1(氏名)」に変更のうえご送付ください。
  ⇒受講(希望)申込書[Word]  moshikomi1.doc [Word 69KB]
      
〒602-8580
京都市上京区今出川通烏丸東入
同志社大学 教育支援機構 免許資格課程センター
教員免許更新講習係 宛

  • メールは本学受信日時、郵送については消印有効とします。
  • 受付は先着順ではありません。応募数が定員を超過した場合、法人内各学校教員、同志社大学卒業生を優先し抽選いたします。
  • メールでお申込みの場合、3日以内(土日除く)にメール着信の返信をいたします。メールを送信してから3日経過しても返信がない場合は、必ずお問い合わせください(問合せ先:075-251-3208)。(締切日以降にお問合せいただいた場合は、メール不着であってもお受けすることはできません。)
  • 郵送でお申込みの場合は、郵便物が到着した旨のご連絡はいたしませんので、ご自身で配達状況が確認できる方法で送られることをお勧めします。

2.受講可否決定

上記期間内に受け付けた全申込を対象に受講者を決定します(定員超過の場合は上記参照)。

2018年度の受講に関しまして、抽選実施の有無は以下のとおりです。
●抽選を実施する講習
【A01】【必修】教育の最新事情
※優先受講対象の方は、全員受講していただけます。

●以下の講習については、募集人数を大幅に上回るお申し込みをいただきましたが、お申し込みいただいた方全員を受け入れ、抽選は実施しないことといたしました。
【C01】【選択必修】国際交流と子どもの発達
【C02】【選択必修】学校における様々な問題行動と課題への対応
【B33】【選択】化学実験体験
【B43】【選択】社会科・地歴科教材発掘と授業
【B61】【選択】障がい理解授業のアイデアを体験する・考える
※定員を上回る人数での講習実施になりますが、何卒ご了承ください。

●上記以外の講習については、募集人数の範囲内でしたので、お申し込みいただいた方全員に受講していただけます。

なお、いずれの講習も追加募集は実施いたしません。


《受講不可通知発送 2018(平成30)年6月1日(金)》
受講不可者の場合、郵送先として指定されたご自宅あるいは勤務先へ郵送で通知いたします。(複数申込された場合は受講不可となった講習につきお知らせします。)

《受講決定通知発送 2018(平成30)年6月5日(火)》
受講決定者には、「免許状更新講習受講申込書」、受講料振込用紙、課題意識等調査等の書類を郵送先として指定されたご自宅あるいは勤務先へ郵送で通知いたします。

なお、抽選を行う講習の有無については、5月30日(水)にHP上でお知らせいたします。

3.受講料振込及び「免許状更新講習受講申込書」等提出

《受講料振込及び書類提出期限 2018(平成30)年6月15日(金)》
2018年6月21日(木)まで延期いたします。
「免許状更新講習受講申込書」等、書類提出は、2018(平成30)年6月15日(金)消印有効とします。
2018年6月21日(木)消印有効といたします。
  • 受講料振込後、「免許状更新講習受講申込書」(受講者顔写真貼付、学校長等の証明者押印のもの)、課題意識等調査書等を本学宛に返送してください。
  • 期限までに受講料の振込みがない場合や書類の提出がない場合は、受講の意志がないものとみなします。

注意事項

交通機関のストライキや台風等によりやむをえず講習を中止する場合は、本学ホームページにてお知らせします。
同志社大学 免許資格課程センター
なお、講習の振替実施は原則として行いません。受講料のみ返金いたします。
また、講習の中止に伴い、交通・宿泊のキャンセル等に伴う損害が生じた場合も、本学はその責任を一切負いません。