このページの本文へ移動
ページの先頭です
以下、ナビゲーションになります
以下、本文になります

スクールインターンシップ

「スクールインターンシップ」出願・履修にご興味のある方は、以下の資料をご確認いただき出願してください。

1.目的

 本学では、職業観・職業意識の育成を目的としてインターンシップを推奨しており、2018年度から新たに大学教育の一環で、正課科目として「スクールインターンシップ」を開設しています。 
 「スクールインターンシップ」では、学校・教育現場における諸活動(行事、事務、授業補助、課外活動等)の実務全般を経験することにより、将来教職を志望する学生にとって、自己適性を把握する効果的就業体験となるだけでなく、教職員や子ども達と接することによって、責任の自覚と成熟を促し、広く社会経験を積む機会となることを目的としています。

2.科目情報

  • 授業科目名称 「スクールインターンシップ」 (2単位)
  • 教職課程上では、2019年度以降生はE欄(大学が独自に設定する科目)、2018~2016年度生は第③欄(教科又は教職に関する科目)の選択科目として位置づけられます。
  • 卒業要件上の単位に含まれるかどうかの取扱いは、学部によって異なりますので、所属学部履修要項で確認してください。
  • 2年次生以上から履修することができます。
  • この科目は、大学における授業(春学期に実施する事前指導・秋学期に実施する事後指導)および学校現場での研修により構成されます。

3.応募条件

  • 「スクールインターンシップ」履修年度に、次の①~⑤(短期連続型モデルを希望する場合は①~④)のすべてに該当することが応募条件です。
    ① 学部2年次生以上の者または大学院生で教職をめざす意志が強い者(面接により選考します)
    ② 「教職概論」を前年度までに修得済みの者
    ③ 募集校種の免許状の教職課程登録を行っている者
    ④ 麻疹の免疫を有することを確認できる書類を提出できる者
    ⑤ 長期型モデルの場合は、秋学期に授業の空きが平日に1日以上、または半日の空きが2日以上ある者

4.研修期間・内容

  • 研修期間は、主に8月から12月の間で研修校ごとに設定されます。
    ① 短期連続型モデル 10日以上かつ60時間以上
    ② 長期型モデル   週1回10週以上かつ60時間以上、または週2回5週以上かつ60時間以上
  • 研修内容は、基本的には研修校ごとに策定されます。
     研修内容(例):授業補助(教科指導、道徳、学級活動(ホームルーム活動)、「総合的な学習の時間」など)、文化祭や体育祭等の学校行事・教材作成・部活動の補助など

5.「スクールインターンシップ」出願・履修に関する手続きについて

【「スクールインターンシップ」出願・履修に関する説明資料】

プログラム概要、出願方法や科目の履修方法などについて、以下の資料にて確認してください。
「スクールインターンシップ プログラムガイド」

【「スクールインターンシップ」出願書類データ】

「スクールインターンシップ」登録学生用

下記の様式をダウンロードして記入した後、A4版で印刷のこと。
スクールインターンシップ終了報告書様式

【過年度に体験された方のスクールインターンシップ研修 体験レポート】(学年は研修時)